〜 九十日の日記 (四五日目から) 〜

2021年1月1日から はじめる。何日続けられるだろうか。

No.2のこのページは、2021年 214日(日)より。

それ以前の 九十日の日記はこちらから。


2020年8月 胃癌が見つかった。複数のリンパ節にも転移しており手術は出来ない。今は抗癌剤で癌の進行を遅らせている。2020年の秋、診察のあと余命を聞いてみた。医師より「来年の(2021年の)桜の花は見られないかも」と告げられる。

本日 2021年1月1日、この日より残された寿命は90日ほどと言う事になる。もっと短いかも知れない。が、そう簡単に死にはしない。今年の桜の花を愛でましょう。必ず。

桜の花が咲くまで、過去に制作した作品をランダムにUPしながら 生きていることを噛みしめ過ごしましょうか。まず、90日は生きる。


九十日の日記 62日目/2021年3月3日(日) am10:56 晴れ

(;_;) 今日の体調 最低。

昨日よりホンの少しマシな体調。相変わらず貧血は酷い。(ToT)

------------------------------ 

opera「お照の一灯」に続いて準備していたのがopera「月花の賦。西行法師の娘の悲恋物語を創作したもの。その西行の歌に「願わくは花の下にて春死なんその如月の望月の頃がある。「如月の望月の頃」は釈迦が入滅した満月の頃、旧暦の2月15日のことである。今の暦で言えば、3月27日がそれに当たり、満月は29日らしい。なんと 私の余命宣告の日とさほど変わらない。平安時代に生きた西行も釈迦が入滅の日と一日違いで亡くなっている。(/_;) 私はまだこの日には死なないでおこう、出来るなら…。(・・;)

 

作品「味わい深い 人生ね」


九十日の日記 61日目/2021年3月2日(日) am10:34 雨>春一番でした

(;_;) 今日の体調 最低の最低。

昨日に輪をかけてシンドイ。二階に上がるだけで息が切れて暫く動けない。貧血がヤバイ状態? 徐々に体調が悪くなっていくなか、昨日 桜の花のつぼみの画像を送ってくれた方がいた。「へたっぴーな写真ですが」と添えられていましたが、余命宣告で「桜の花は見られないかも」と言われていた私に、「桜の花はもうすぐですから、がんばりましょう」という思いの込もった写真で嬉しかった。(^.^) 

先程から春の嵐のような雨風。桜のつぼみは大丈夫だろうか? 私の命の灯火は大丈夫だろうか?(^.^) 灯火よ、まだもう少し消えないでおくれ。(・・;)

 

作品「あなたが転ぶと わたしも ころんだ」  ※どんぐりの花言葉の一つに「永遠の愛」がある。どんぐりの花言葉はたくさんあって、その中に「長寿」というのもある。そのドングリ、いつだったか 孫とたくさん拾ったのに、少しお守り代わりに置いておけば良かった。


九十日の日記 60日目/2021年3月1日(日) am10:49 晴れ

(;_;) 今日の体調 最低。

今回最後の放射線治療。一人で行く予定でしたが、あまりのしんどさに妹の車に乗せてもらって行く事に。家人も同行する。いつだったか[放射線治療の間は抗がん剤の服用はなく、それによる副作用がないので気分は良い]と書いたが、今回、変更なった抗がん剤と放射線治療を同時に実施しており、かなり体に負担がかかっているようだ。4日前から始めた抗がん剤ですが、昨夕と今朝の服用はしなかった。それでも倦怠感と胸のムカつき、軽い頭痛に今も悩まされ食欲も無くなってしまった。こんなに苦しいなら、積極的な薬物治療は止めようか。そうすれば、心も体も清しく過ごせるような………。

この日記を書きながら、opera「お照の一灯」の曲「冥土(よみぢ)の灯り」を聞いている。私の魂の灯火はどのように輝いているのでしょう。余命宣告の日まで後30日。

 

作品「風の調べをききながら」 ※ユキノシタ/深い愛情


九十日の日記 59日目/2021年2月28日(日) am11:11 晴れ

(;_;) 今日の体調 かなりしんどい。

昨日の日記に抗癌剤が変わって3日目と書きましたが、今日が3日目でした。その変更した抗癌剤のせいなのか、放射線の影響なのか分からないが、頭痛に倦怠感に悩まされている。食欲も無い。(T_T) そんな中、癒やしになるのが、随分以前から窓の外から聞こえてくるウグイスの囀り。以前に比べると随分上手に鳴いている。(^o^) そして、その窓を開けると彼岸桜のつぼみが紅く染まっているのに気がついた。それに、operaの合唱のある方が、親戚から桃の花をいただいたからと私にも届けて下さった。

2月最後の日、春のような日差し、ウグイスの鳴き声、桜のつぼみ、桃の花のお気遣い、体は怠いが心は清しい。

そうそう、スマホの今日のスケジュール管理に「お照の一灯リハーサル」とある。新型コロナで1年延期になったのに消していない。(・・;) 一年後は立ち会えないだろうと思うと、こみ上げるものが熱い。

 

作品「まちわびて あなた」


九十日の日記 58日目/2021年2月27日(土) am11:05 晴れ

(ToT) 今日の体調 少しだるい。

抗がん剤が変わって3日目。何となく体がダルイ。頭もぼんやりした感じ。辛いのは味覚障害がひどい事。食べられるものが限られてきた、というより無くなってきた。(´;ω;`) 

こんなダラダラした生き方は望んではいない。が、仕方がない。仕方がないと自分に言い聞かせている。だけどなぁ、もっと仕事がしたい。仕事がしたいんだよ。ただそれだけなんだ。

 

作品「枯れようとも 我は ここにあり」


九十日の日記 57日目/2021年2月26日(金) am10:15 晴れ

(^.^) 今日の体調 良好。

今朝、寝起きに少し貧血かな? と思う程度で、体調は良い方だ。今日から、抗がん剤が変わり服用するが、自分に合っているかどうかが心配。骨髄抑制(白血球減少 血小板減少 等)、肝臓・腎臓の機能障害、吐き気や倦怠感 他、説明書には両手の指では足らないほどの副作用が列記されている。(/_;) 朝から放射線治療を終えて帰ってきましたが、特に悪い症状はまだ出ていない。が、味覚障害は以前から改善されないまま。辛い。。。。。

 

作品「この風に唄う」


九十日の日記 56日目/2021年2月25日(木) pm1:05 晴れ

(^.^) 今日の体調 まずまず。

今日も病院。採血後、放射線治療。で、臨床腫瘍科へ行き新しい抗癌剤の説明を受け、明日から服用することになった。この薬かなりの高額でビックリ。(*_*) そんな事より採血による ヘモグロビン値(血色素量)が、6.8g/dLで輸血レベルまで下がっている。当然、輸血を進められたが、来週の検診でどうするか決めることにした。放射線治療の効果に期待も、多分 また輸血だろうなぁ(¯―¯٥)

 

作品「風の囁き聞いている」

※サルトリイバラ/不屈の精神    (・・;)


九十日の日記 55日目/2021年2月24日(水) pm1:25 晴れ

(^-^) 今日の体調 良好。

今日から4日間、放射線治療が始まったが、施術台で身動きできない辛さは堪える。(;_;) 放射線治療の間は抗がん剤の服用はなく、それによる副作用がないので気分は良い。

さてopera「お照の一灯」ですが、月が変われば数名で今後の進め方を話し合いたいと思っています。私の魂がoperaに向くように、これらの曲を聞きながら自身の気持ちを高めている。^_^

 

作品「梦(夢)見しことの多かりき」

※ねこやなぎ/自由・率直


九十日の日記 54日目/2021年2月23日(火) am11:45 晴れ

(^-^) 今日の体調 良好。

朝からパソコンに不具合が生じ、昼前まで格闘していた。時々ある腹部の痛みより、肩から首の痛みの方がヒドイ。こんな事をしていると、元気な頃 仕事に追われていた日々を思い出して懐かしい。忙しくしていた頃は桜の花がいつの間にか咲き、気づかぬうちに散っていたなんて事がよくあった。^_^ それが今は桜の開花が待ち遠しい。当分死なないだろうと思っていても、早く桜の花をみて安心したいもの。河津桜は既に見頃だとニュースで知ったが、私の命の桜は 紀の川の堤防から眺める桜。誰かが花見で盛り上がりましょうと、元気づけてくれた。さて私は、どこから桜の花を愛でる事が出来るのでしょう。(^_^;)

 

作品「待ちわびて あなた」


九十日の日記 53日目/2021年2月22日(月) am10:05 晴れ

(^-^) 今日の体調 悪くはない。

朝 少し貧血気味の症状というか、フワッとした感じがしたので自重気味に過ごしている。それでも気分は良い方だ。

 

以前から涙もろくなって…。ちょっとした記事やTVのニュース等に涙腺が緩む。

病気が分かってからは、家人の事や子供達、孫達の事、良くしてくれた書や音楽関係者の方々の事を思うとウルウルしたり。良き夫や父親でなかった事、人に迷惑をかけてきたのではないかという思いを、涙が洗い流してくれている(?)。最後の涙が流れる時は、私が浄化された時か?。つまり、魂が浄化される事により 私の命の灯火も 安寧の中で消えてゆく。ウ〜ン(¨;) もう少し皆に迷惑をかけていよう…。(>_<) operaの事もあるしぃ。(^o^)

 

作品「一期一絵」

ヘクソカズラ(屁糞葛)という可哀想な名前が付けられているが、サオトメバナ(早乙女花)という可愛い別前も。花言葉の一つに「誤解を解きたい

この父の無愛想さは、実は皆の誤解です。(*^^)v


九十日の日記 52日目/2021年2月21日(日) am10:18 晴れ

(^-^) 今日の体調 良好。

午前中は大体 体調は良い。昨日もそうでしたが、午後になると体に怠さが出てくる。夕方になるとコタツでじっとしたまま動きたくなくなるのです。(-_-;)

 

限りあるからこそ、今を充実させられるはずなんだけど(-_^:) 余命宣告後 この先の限りある人生が分かっていて、未だ私は毎日ダラダラ生きている。

「生かされ、生かして、生きる」

ブッダは「なぜ死ぬのか」という問いに対し「生まれたから死ぬのだ」と。(^^)

 

作品「この風に身をまかせ」


九十日の日記 51日目/2021年2月20日(土) am10:53 晴れ

(^-^) 今日の体調 良好。

天気が良いので歩いてみた。家を出て10分もかからない紀ノ川の堤防まで辿り着けない。早々に引き返す。(/_;)

 

先日の検査の後、胃内の出血や肝臓へのガンの転移を聞かされたが、不思議な程つまされない。

ともあれ せっかく生かされて、毎日ダラダラと過ごすのはどうかと思いながらも、ここ数日ダラダラ…。(-_-;) まだ魂はoperaに向かわない。

 

作品「のほとけの瞳にかがやいて」

ノブドウの花言葉/慈悲・自愛・人間愛


九十日の日記 50日目/2021年2月19日(金) pm1:56 くもり

^_^ 今日の体調 まあまあかな。

今日は一人で病院へ。(^-^) 胃に少し出血があるので、放射線の照射で出血を止める、その治療方針を決めるためのドクターとの面談だけだと思っていたら、いきなりCTをとるとか。上半身裸でCT台に寝かされて、照射位置を決めるため、胸にマーキングもされる。昨秋に放射線治療(10回)をしているので、今回は4回が限度。で、放射線治療は24日から始まります。これで出血が止まってくれるといいのですが。上半身全面にマーキングされた姿はまるで重病人のテイ(>_<) まぁステージ4の重病人なんですが…(^0^;)

唐辛子の花言葉のひとつに「悪夢がさめた」というのがあるのですが、悪夢であってほしいものです。

 

作品「あなたを想ひ(い)て 心がぴりり」その他の花言葉/旧友・嫉妬・生命力・雅味・辛辣 がある。


九十日の日記 49日目/2021年2月18日(木) pm2:46 くもり

^_^; 今日の体調 怠い。

娘の運転で病院へ。この日記、四十九日にしてイヤな結果がでた。

CT画像で、ガンが肝臓に転移しているらしく3cm程の大きさのものが四つうっすらと確認できる。エコー検査でも確認できた。

胃カメラではやや出血してるのが見てとれる。採血による ヘモグロビン値(血色素量)が、成人男性で13g/dL未満だそうで私は通常11g/dLなのですが、今日の検査では8g/dLでした。6g/dL以下になると止血剤の点滴、輸血が必要になる。昨年11月は貧血で大変な目にあってるので、今回は、輸血より先に放射線照射を願い出た。が、前回 10回の照射をしているので多臓器へのリスクを考えると2回程度が限界かも知れないとか。

明日もう一度病院に行き、専門医と相談することになった。胃からの出血が放射線で止まれば嬉しいのですが…。

尚、リンパ腫に大した変化はなかった。

魂はなかなかoperaに向いてくれない。後40日程で桜の花の季節。。。。。「雲外蒼天とはいかない様だ。そろそろ「雲上」に消える運命なのか。

 

作品「雲外」(雲上 空のはるか遠いところ)

この作品を書いたのは数年前。どんな制作意図があったのかは記憶にない。私の魂は、今の状況を既に察知していてこれを書いたのか (^_^;

普通なら雲外蒼天(困難を乗り越えれば、そこには青い空が待っている)と書きそうなものだが…。4文字では作品にならなかったので、手を抜いた? (◎-◎;) 案外そうかも知れない。(^0^;)

 


九十日の日記 48日目/2021年2月17日(水) am9:12 くもり

(^o^) 今日の体調 良好。

抗癌剤の服用が空けて1週間、今日が一番調子が良い。…また明日から服用だけど…(-。-;) 明日の病院は、採血の後 CTと胃カメラ検査。私の腹の中、久しぶりにどうなっているかが分かる(^_^;

昨年8月にガンが分かって余命宣告を受けた後、身の回りの整理を急いだが 今年になってまずまずの体調が続くと終活していたのがウソのようだ。

体調の事も命の灯火のことも、この先どうなるかは分からないが、魂がoperaの方を向いて、公演への情熱が涌き出(いずる)のを待とう。(^x^)

 

作品「凜と かがやける」私の好きな花「ショウジョウバカマ(猩々袴)」で、花言葉が「希望」とは今の私には嬉しい。他に「飲み過ぎに注意、この花言葉は元気になった時に噛みしめるとして、今は横に置いておこう。(^_-)


九十日の日記 47日目/2021年2月16日(火) am9:20 晴れ

(^ ^) 今日の体調 まずまず。

昨日、書の仲間から、4人で見舞いに行くとの連絡を頂きましたが、ありがたい事と思いつつも丁重(?)にお断りをした。

最近 人との会話が殆ど無いので仲間と会えるのは嬉しいし、何より気遣ってくれている事にありがたく思う。

今は、体調は悪くないといいながら心に精気がなく、ドンヨリした病人の様な(病人ですが…(^◇^;)姿では お会いしたくないという我が儘が本音。

opera制作に、この魂がメラメラと音をたてはじめたら、また皆さんにお会いしたく思います。昨日、顔を見に行くと仰ってくださった事が、どこを向いているか分からない魂を目覚めさせてくれました。(^-^) 魂が前を向いても、思いが叶うかどうかは分からない状況ですが、それはその時の事に。気に掛けて下さっている皆様に感謝。

 

元気になったら、いっしょに お照さんの墓参りにお付き合い下さいますか?\(^O^)/

 

作品「あなたが いるから」


九十日の日記 46日目/2021年2月15日(月) pm2:13 雨がシトシトと

(^ ^) 今日の体調 悪くはない。

左右の肋骨の両サイドに鈍痛がある。胃にも時々痛みが走る。我慢できない痛さではないので、そのままにしておこう。なるようになるさ。

------------------------------

毎日が変わりばえしない。生きているという事は体も思考も、はつらつと前を向いている事。病気であっても、今やれることをやりましょうと思うのですが、モチベーションが上がらない。

毎日ダラダラと過ごす事が多くなると、何の為に生きているのか(生活しているのか)と考えてしまう。ただひたすら命の灯火が消えるのを待っている日々? これではいけないと思い、私に唯一残された仕事(?) operaに取りかかろうと思うも、気持ちが前を向かない。私の魂はどこを向いているのだろう。

 

作品「心も まあるく」

 


九十日の日記 45日目/2021年2月14日(日) am11:48 晴れ

(^ ^) 今日の体調 スッキリしない。

気温は18℃。パソコンの前に座る前に、散歩に出かけた。春の様な日差しが気持ちいいが、片道10分も歩くと返りが辛い。随分と体力が落ちたものだ。(>_<) 

九十日の日記を書き始めて丁度半分になった夜中の2時過ぎ、みぞおちに数回痛みが走る。私の腹の中はどうなっているのでしょうか。18日(木)に、CTと胃カメラの検査があるのでガンの様子が分かるでしょう。

それにしても朝から眠気がとれない。

 

作品「チクリ チクリと恋あざみ」